スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

placebo effect – AIで新薬開発

未分類
04 /21 2018
本日2つ目の投稿です。

AI(人工知能)を用いて、新薬を開発しようという動きが出ています。今まで人手に頼っていたデータベースの研究などにAIを用いることができ、開発期間も資金も大幅に減らせるそうです。しかも、ひとの研究者が見過ごしていたようなものにも光を当てられるそうです。

新薬の開発では、そのくすりが本当に効くのかが問題になりますから、比較試験の一環として、プラセボとか偽薬(ぎやく)と言われるものを別のグループの被験者でも試すことがあります。

ある日本の医薬メーカーのサイトにプラセボの服用で「半数くらいの人が治ってしまうこともあります。」とありました。これが、プラセボ(偽薬)効果- placebo effectです。もっとも患者全体に安定的に効くわけではないですから、いいお薬の開発が待たれるわけです。

そうは言ってもプラセボ効果は存在しますから、インチキ会社のサプリだとか薬とか称するものでも、長い間、我々の健康向上に効果を発揮し続けることもあるかもしれないですね。

コメント

非公開コメント

9654

9654(くろく-ごじゅうし)と申します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。