スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

whistle-blower – 中東の笛

未分類
03 /11 2018
今でもあるのでしょうか。サッカーで中東の笛というのが問題になりました。審判の判定が中東の選手に有利になることです。

ビデオ判定も導入され始めているようですから、今後は、中東の笛も出番がなくなってくるのかもしれないですね。それに、原油価格が下がって、審判に払うお金もないかもしれないですけど・・・

同じようにwhistle – 笛をblow - 吹くにしろ、whistle-blowerですと、企業などの組織で不正を密告する人のことです。こういう人たちを保護しませんと、組織内の不正が明るみに出るのが遅くなりますから、世界的に保護強化に動いています。

笛と言うことで言えば、ネズミを退治したハーメルンの笛吹き男のお話は、悲劇で終わっていますが、勇気をもって不正を密告したwhistle-blowerのひとたちがその後の処遇で悲劇に終わらないようになるといいですね。

コメント

非公開コメント

9654

9654(くろく-ごじゅうし)と申します

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。